外見とからだのケア

着衣は心地よさを重視して

おしゃれのためと我慢して、きついものや、体に合わないものを身につけると、治療中の体調が悪化することも。体に負担のないゆったりした服を選びましょう。

肌にやさしくゆったりした服で

 医療機関での診察や治療の際は、限られた時間で効率よく行えるよう、洋服や下着は脱ぎ着しやすいものを選びましょう。特に、リンパ浮腫(ふしゅ)のケアで弾性着衣 ※1をしている場合は、着脱に時間がかかります。主治医や看護師に確認のうえ、あらかじめ外しておくと、スムーズかもしれません。
 脱毛で抜け毛が目立つときは、黒や濃い色の服を選ぶと目立ちにくく、白や淡色の服を着るときは柄物のショールなどを首元に巻くとよいでしょう。
 放射線を照射する部分を刺激すると、皮膚障害が悪化することがあります。服や下着は、ガーゼや綿100%など、肌にやさしくやわらかい素材を選ぶとよいでしょう。放射線治療中は体をしめつける服は避けてください。おなかや骨盤に照射している場合は、ガードル、胸に照射している場合は、ワイヤー入りのブラジャーは避けたほうが無難でしょう。また放射線治療では、放射線を当てる位置を決め、皮膚の表面に特殊なインクで印をつけることがあります。白よりも黒っぽい服のほうが、汚れを気にせずに済むでしょう。
 靴はつま先が広くてクッション性があり、ヒールの高くないものが快適です。きつい靴を無理して履くと、しびれが起きたり、手足症候群の人は悪化することもあります。

頭皮の保護には帽子が便利

図:簡単にできる!手づくり帽子

 帽子は、脱毛を隠すファッションアイテムであるとともに、頭皮の保護にも役立ちます。素材は、綿製品などの肌触りのよい、洗濯しやすいものが役立ちます。特に入院中は、ピンクやオレンジなど、明るい色の帽子を選ぶと、気持ちも明るくなるでしょう。
 帽子は縫い目のない医療向け帽子や、つけ毛のあるタイプなど、さまざまな商品が販売されています。また、身近なものを使ってつくることもできます。

※1弾性着衣
リンパ浮腫の治療として、圧迫療法を行うためのもの。弾性ストッキング、弾性スリーブ、弾性グローブなどがある。リンパ浮腫の症状や状態により使い分ける。